« さくらのレンタルサーバへSmartyをインストール | メイン | Dreamweaver上でSmartyのincludeを適用させる »

Cside C'S SERVER へ Movable Type 3.34-ja をインストール

Cside C'S SERVER へ Movable Type 3.34-ja をインストール

インストール日:2007年4月15日
Movable Type Version: 3.34-ja
レンタルサーバ:Cside C'S SERVER Personal 独自ドメイン

その他設定
・PHP化
・DBはMySQLを使用
・携帯閲覧用にmt4i.cgiを追加
・RSSパーサーのMagpieRSSを追加
・StyleCatcherは今回使用しない予定
・今回は「http://(あなたのドメイン)/blog/(アカウント名)/」 とBLOGのURLがなるようにインストール。ex.http://masha.maakikaku.jp/

*さくらのレンタルサーバへのMovable Typeインストールは過去日記参照↓
さくらのレンタルサーバ へ Movable Type 3.33-ja をインストール

ここからメモ↓
-----------------------------------------------
■手順1 ファイル準備
Movable Type(*以下MT)をダウンロードし、blog というフォルダを作ってその中に解凍。
ダウンロードページ

mt4i.cgiをダウンロードし、解凍。解凍してできた「mt4i.cgi」「mt4imgr.cgi 」「mt4ilibフォルダ」の3つを、blog フォルダの中へコピー。
ダウンロードページ

MagpieRSSをダウンロードし、解凍。解凍してできた「rss_cache.inc」「rss_fetch.inc」「rss_parse.inc」「rss_utils.inc」「extlibフォルダ」の5つを、blog フォルダの中へコピー。
ダウンロードページ
*MagpieRSS は 0.61 を使うこと。最新VERを使用すると文字化けします。


■手順2 サーバへアップ&インストール準備
FTPソフトなどを使用して、手順1で準備した blog フォルダを public_html ディレクトリ直下へアップ。

拡張子が cgi のファイルを 755 へパーミッション変更。.cgi のファイルは、MTトップの階層(今回は blog 直下)と、あと plugins ディレクトリ内にいくつかあります。

MTトップの階層へ db という名前のディレクトリを作成し、作成した db ディレクトリのパーミッションを 777 に変更。


■手順3 インストール(初期設定)
http://(あなたのドメイン)/blog/mt-wizard.cgi へアクセスし、ウィザードに従ってインストール。

*SixApartには「インストールガイド≫」というページがあるが、これは3.32用の古い説明なので注意。また、Csideのヘルプにも「※MovableTypeの設定例」というページがあるが、これも3.32用の古い説明。3.33以降はmt-wizard.cgiを利用したインストール方法がベター。


■手順4 mt4i.cgi設定
http://(あなたのドメイン)/blog/mt4imgr.cgi へアクセスし、適当に設定。以後は mt4i.cgi?id=(BLOGのid番号) にアクセスすることで、携帯での閲覧が可能。

・参考サイト
MT4i PUKIWIKI


■手順5 php化
各ブログの左メニュー"環境設定"の下"設定"→右上"詳細モードに切り替え"→"公開"タブをクリックし、"公開"の"アーカイブの拡張子"を php に変更。

各ブログの左メニュー"環境設定"の下"テンプレート"をクリックし、"メインページ"と"アーカイブページ"の"出力ファイル名"を ○○.php に変更。


■手順6 Widget Manager設定
各ブログの左メニュー"環境設定"の下"テンプレート"をクリックし、"メインページ"と"アーカイブページ"の"テンプレートの内容"の、サイドバーにあたるHTMLタグ部分を以下のように修正する。

<div id="beta">
  <div id="beta-inner" class="pkg">
    <$MTWidgetManager name="First Widget Manager"$>
  </div>
</div>


■手順7 MagpieRSS設定
各ブログの左メニュー"環境設定"の下"テンプレート"→"モジュール"タブ→"モジュールの新規作成"をクリック。"テンプレート名"を「Widget: ○○」とし、"モジュールの内容"へMagpieRSS用のスクリプトを挿入。私の例は以下。

<div class="module-archives module">
  <h2 class="module-header">(メニュータイトル)</h2>
  <div class="module-content">
<?php
  define('BLOG_SITE_PATH', '<$MTBlogSitePath$>');
  require_once BLOG_SITE_PATH . 'rss_fetch.inc';
  $url = '(フィードするファイルのURL)';
  $rss = fetch_rss($url);
  $title = $rss->channel['title'];
  $title = mb_convert_encoding($title, "UTF-8", "auto");
  echo "<ul class=\"module-list\">\n";
  $rss->items = array_slice($rss->items, 0, 5);
  foreach ($rss->items as $item ) {
    $title = $item[title];
    $title = mb_convert_encoding($title, "UTF-8", "auto");
    $url = $item[link];
    echo "<li class=\"module-list-item\" target=\"_blank\"><a href=\"$url\">$title</a></li>\n";
  }
  echo "</ul>\n";
?>
  </div>
</div>

モジュールを新規作成したら、Widget Managerの設定でそのモジュールを表示するように設定してやる。

・参考サイト
MagpieRSS - PHP で使える RSS パーサー。
-----------------------------------------------


おつかれさまでした。。。

関連する記事:1件

AD:

今日のひと言

呑みいきたい!

磨者のはてなブックマーク はてなブックマーク

PHOTO COLLECTION

【WordPress】Ktai Entryをさくらで使う【メール投稿プラグイン】 : Go-PEARを使ったPEARのインストール : PEAR2.gif EmEditor で ダイレクトタグジャンプ : emeditor.gif WindowsXP へ XAMPP をインストール : xammp.jpg 携帯サイトで文字化け : 070707.gif 動的ページを静的URLで表示させる(PATH_INFO使用) : 400-300.gif PHP4でSmarty、tplファイルしか表示されないのは参照渡しが原因でした : php4%2Bsmarty.gif Dreamwerver で Smarty : Macromedia-Dreamweaver.gif MySQLの自動バックアップ phpMyBackupPro : logo.png さくらのレンタルサーバ へ PHP5.2.2 をインストールした : php.gif ダイナミックディスク⇔ベーシックディスクにはまる・・。 : 294574802_636f6f5e8c.jpg
RSS 2.0(XML)

Add to Google
My Yahoo!に追加
ADD TO Hatena::RSS
Subscribe with livedoor Reader

(→RSS/FEEDとは?

CLUB BASE st.215 最新NEWS