コマンドプロンプトを使わないで、さくらへPEARをインストール(Go-PEAR使用)

新しく記事を書き直しました。
Go-PEARを使ったPEARのインストール

Go-PEARを使って、コマンドプロンプトを使用せずに、
さくらのレンタルサーバへPEARをインストールします。


・環境
レン鯖:さくらのレンタルサーバ スタンダード
PHPのヴァージョン:5.2.5
Go-PEARのヴァージョン:1.0.2

■手順1 Go-PEAR を使って PEAR をインストール
http://pear.php.net/go-pear を開くとスクリプトが表示されます。
それを go-pear.php と名付けローカルへ保存。
保存した go-pear.php をFTPなどで /home/(アカウント名)/www/ 以下へアップロード。
ブラウザで go-pear.php へアクセスし、画面下部 Next >> をクリックした後、
インストールに関する諸所の設定を入力。

項目 なんとなく説明
1. Installation prefix PEARのインストールディレクトリ。以降 $prefix で省略可。
2. Binaries directory コマンドを保存するディレクトリ
3. PHP code directory ($php_dir) 実際のパッケージを保存するディレクトリ。以降 $php_dir で省略可。
4. Documentation base directory 説明ファイル保存ディレクトリ
5. Data base directory CSSなど雑多ファイルを保存するディレクトリ
6. Tests base directory テストプログラム?保存ディレクトリ
7. Temporary files directory 一時ファイル保存ディレクトリ
8. PEAR Installer cache directory 一時ファイル保存ディレクトリ
9. Cache TimeToLive キャッシュ生存時間?
10. Filename of WebFrontend 生成するPEAR管理ページのパス
11. php.exe path, optional (CLI command tools) php.exe本体へのパス。

例として、以下私の設定。

項目 設定例
1. Installation prefix /home/(アカウント名)/pear
2. Binaries directory $prefix/bin
3. PHP code directory ($php_dir) $prefix/PEAR
4. Documentation base directory $prefix/doc
5. Data base directory $prefix/data
6. Tests base directory $prefix/test
7. Temporary files directory $prefix/temp
8. PEAR Installer cache directory $prefix/cache
9. Cache TimeToLive 300
10. Filename of WebFrontend /home/(アカウント名)/www/pear.php
11. php.exe path, optional (CLI command tools) /home/(アカウント名)/bin/php-cgi5

pear ディレクトリに全て収める設定です。
あちこち散らばると気持ち悪いですからね。

11. は、さくらでPHP5.2.3以上を使用している方なら、みんな一緒かしら?
ちなみにPHP5.2.3以降、PHPの本体名が php から php-cgi5 へ変更されています。
よってPHP5.2.2以下の方は /home/(アカウント名)/bin/php かな。

そして「Install」ボタンをクリックすると、ずらずら~っとログが並びます。
ログの下の方 Note: の PEAR Installation path を控えます。
/home/(アカウント名)/pear/PEAR
↑こんなかんじですね。さっきの 3. で設定したものです。

■手順2 php.ini のセッティング
PHPの設定ファイル php.ini へ、以下を追加します。

include_path = “.:/home/(アカウント名)/pear/PEAR”

PHPの include_path へ、先ほど控えた PEAR Installation path の値を設定してます。

■手順3 各パッケージのインストール
Go-PEARの管理ページからパッケージをらくらくインストールします。

管理ページはブラウザで開きます。
管理ページのURLは、インストール時設定した 10. Filename of WebFrontend です。
私の例だと http://(ドメイン)/pear.php となります。

開いたら Quick-install a package にパッケージ名を入力し(ex. DB, XML_RSS etc..)、
「Install」ボタンをクリックすればインストールを自動でおこなってくれます。

パッケージ名の一部しかわからない場合は、
画面左側の「Package Search」メニューより、
キーワード検索をすることができます。

——————————————–

以上で終了です。
作業が終了したら、最初にアップした go-pear.php と、
生成した管理ページ pear.php を削除するかパスワードをかけておきましょう。

■TIPS1 PEARの追加設定?
管理ページ左側「Configuration」メニューよりPEARの設定が確認できるのですが、
環境によるのか、私の場合は PHP CLI/CGI binary: の値が間違っていました。

/home/(アカウント名)/bin/php

を、以下へ修正しました。

/home/(アカウント名)/bin/php-cgi5

前述にもありますが、PHP 5.2.3 以上を使用している場合、
PHP本体のファイル名が php-cgi5 となるため、その為の修正です。
んーでもこれ、インストール時の 11. で設定しなかったっけ?
詳しくわかりません、ごめんなさい。念の為、再設定しました。
しなくても動くかもしれません。

あ、そうそう、作業中すっかり忘れてましたが、
PEARは ピア でなく ・・ペアでしたね。。

ペアペア、、

おつかれさまでした。

参考サイト
大八洲.NET – PEARのインストール
PHPを使ったWebサイト構築 備忘録 – さくらインターネットへのPEARモジュールの追加インストール

2件のコメント

  1. ピンバック: 備忘録

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です